FC2ブログ

KDPで出版してみる

我が家の模様替えの都合上、来春まですることがないので、amazonのKindleで、本を出版してみることにした。

まず、KDPとは、Kindle・ダイレクト・パブリッシングの略である。
Kindleというのは、電子書籍リーダーであり、アマゾンで売ってる電子書籍のこと、でいいのかな。
そしてアマゾンとは・・・・ 説明不要か。著巨大ネット通販会社のことだ。

で、そのKDP、個人でも自分の本や漫画を売ることができる、と聞いたので、調べてみたら本当だった。
たとえ私がアマチュアで、本の1冊も出したことがなかったとしても、KDPなら本(電子書籍)を出せるのだ。

まず、KDPに登録する。
見返りというか上がりというか印税というかは、30%の契約と、70%があり、どちらかから選べばよい。
70%の方には、90日間電子書籍をアマゾン独占販売とかまあ、いくつか縛りがある。
ちなみに、手をつける作品は、同じ本がアマゾンではUSEDとして売られてたりするが、これはかまわないっぽい。

あと、この印税からは、30%を、アメリカが税金として持ってくらしい。
そう、アマゾンはアメリカの会社であり仕組みなのだ。
ちなみにアマゾン、最初はアマゾン日本を作ったが、政府がさっさとネット通販のルールを決めないもんだから、会社をアメリカに引き上げてしまった。だからアマゾンから物を買っても日本の消費税はかからないとゆー。
政府がでかい魚を逃した代表的なケース。

それに振込手数料がかかることもあるとか。これは口座によって違うらしい。
どこをどう選んだらよいのかわからないなあ。
ヘタしたら、入金より手数料の方が多くなるとか……それはないか。振込は約100ドルからとある。
100ドルも稼げるのかなあ。
まあ、そのヘンを知るのが、今回のプロジェクト。

アメリカへの納税のための書類も、KDPの導きに従って記入する。
あー、もうここらへんアマゾンとアメリカの正義を信じるからね。

次に、作品を用意する。WORDが推奨されてるけれど、プレーンテキストでもよいとある。ほかにもいろいろある。
自分の場合は、ほぼテキストだから、HTMLかな。
普通の人の場合、さてここで作品作り、となるのだろうけど、自分の場合は絶版になってるコンテンツとか、ネットでしか公開してないコンテンツがあるので、それを再利用してみる。
しかし、そのまんまだと面白くないので、まえがきなどは新しく書いてみる。
……しまった。HTML自体を忘れかけている。

とはいえ、さすがに数日でテキストの用意はできた。

問題は「表紙画像」
よくよく読んだらなくても不可能ではないっぽいが、KDPのマニュアルを読むかぎり必須も同様っぽい。
ここで引っかかった。
出版されたときの絵はあるが、その権利は私は持ってないのだ。
もちろん原画も持っていない。作者の連絡先も知らない。
検索もしてみたけれど、みつからなかった。


無謀戦士ヴィエ 魔物だ、つっこめ!無謀戦士ヴィエ 魔物だ、つっこめ!
(1991/04)
M‐ヴィエ

商品詳細を見る


いくらテキストオンリーでも本を出せるといっても、表紙絵がない本は、ある本に比べてとんでもなく不利だ、ということぐらいは、私にもわかっている。
かといって、ちゃんとした絵を発注できるほどの見返りがあるかどうか、わからない。
たぶん、ない。

ので身内で調達することにする。

うまく登録できたら、もう1冊試してみるつもりだが、そっちは写真を使うつもりでいる。
というところで、今日はおしまい。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
このごろ堂サイト
このブログをリンクに追加する
カテゴリ